府中市内で家庭用太陽光発電システムを設置する意義

地球を温暖化させる元凶であろうと考えられている二酸化炭素をできるだけ排出しない社会にしようと、官民が手を合わせて取り組みつつあります。
残念ながら経済後進国や中国などは世界の流れにいまだ逆行していますが、先進国の間では二酸化炭素低排出の社会実現に向けて日々研究が進められています。
現在世界で消費されている電気の半分以上は火力発電による電気です。
火力発電は二酸化炭素をかなりの量排出するため、発電方法の代替処置が研究されていますが、なかなか代わりになる発電方法が見つからないというのが現状でしょう。
太陽光発電システムは二酸化炭素の排出量がゼロなので、次世代の発電システムとして注目されています。
一時期原子力発電が次世代のエネルギー源として脚光を集めましたが、トラブル無しで稼動している分には問題ないものの、一度トラブルが発生すると収拾が付かなくなるというデメリットが明らかになったため難しい状況となっているでしょう。
現時点で事業用としての太陽光発電システムが政府の補助無しに採算を取れるようになるのは更なる技術の進歩が必要ですが、家庭用太陽光発電システムは政府の補助制度を活用すると十分採算が取れるレベルにまで技術が進歩しています。
府中市内では多くの家庭がすでに家庭用太陽光発電システムを設置し、二酸化炭素排出量の低減に家庭レベルで大きく貢献しています。
それぞれの家庭が地球環境を保護する意識を持つ事により、次世代にきれいな地球を残す事ができるのです。