環境に優しいエネルギー

時々頻発する地震があるたびに、太陽光発電を導入してよかったと思います。
震災で大規模な停電を経験しました。
3月だったので一年で一番寒い時期というわけではな方のですが、
東北の方では本当に寒くて困ったことと思います。
私のような関東在住の人間でも暖房がエアコンしかなかったので使うことができずに
寒くて寒くてたまりませんでした。
そして震災の被害のひどかった地域では寸断されたライフラインの中でも一番先に復旧したのが電気だったといいます。
水道やガスはなかなか復旧しなかったのです。
やはり電気を主なエネルギーにするのはまちがっていないと思います。
問題なのはその発電方法です。
原子力発電は限界があります。
万が一の際の被害が甚大だということがわかったばかりです。
火力発電は多量の二酸化炭素を排出する発電方法です。
そう考えると太陽光発電のエネルギーはクリーンでしかも誰でも自家発電できるのです。
これはとても大きいことです。
我が家は震災をきっかけに太陽光発電を導入しました。
自家発電をしている時に空気を汚していないんだと考えるとすごく清々しい気持ちになります。
太陽光発電はもちろんどの家にも取り付けられるというわけではありませんから事前の調査は必要ですが、おおよその中古住宅には取り付けられるようです。
取り付けることでますます環境問題について考えていくようになりました。
これからは蓄電についても考えて、災害時にも自家発電でまかなえるようにしていく計画です。
自家発電で家族も守れるようにしていきたいです。