単価で太陽光発電を比較する

太陽光発電を比較する際、価格で比較する人が多いことでしょう。
しかし、その比較の仕方は気をつけなければいけません。
まず、太陽光発電システムの本体価格です。
電池が高性能なほど値段が高いものですが、業者の言い値で購入をしてはいけません。
太陽光発電システムの業界では、大幅な値引きは当たり前です。
言い値から100000円以上値引きがされるというのが、当たり前のように行われております。
また、太陽光発電システムのパネルを買ったからと言って、それでつかえるわけではありません。
屋根に設置するには、工事をしなければなりません。
工事をするには、人が必要となります。
また、設置するためのパーツも必要となります。
人件費やパーツ代、その他諸経費というのも、価格の中に織り込んでおく必要があります。

しかし、それで全てではありません。
ただ単に、価格で比較してはいけません。
本当に見るべき数字は、「キロワット単価」です。
キロワット単価というのは、前述したもろもろの費用を、太陽光発電システムの発電量で割り算したものです。
つまり、1キロワット発電するのに、どれくらいお金がかかるかというものです。
このキロワット単価が低ければ低いほど、お得な太陽光発電システムだといえます。
キロワット単価を上げるためには、まずはもろもろの費用を安くあげることがあります。
そのためには、積極的な値引き交渉が重要です。
また、発電量を上げるということも重要です。
発電量を上げるためには、設置する角度や方位をちゃんと決めておくというのは、もちろんです。
また、パネルが汚れても発電量は落ちるので、水をかけて汚れを落とすというのもあります。
水をかけるのは、特に夏においては温度を下げる効果もあり、発電効率を高める効果も期待されます。
大体、平均的なキロワット単価というのは、450000円といわれています。
これくらいであれば妥当な数字といえますし、これ以上であれば、値引きの余地は十分にあります。